管理運営者

 Anthony Requin.png

Anthony Requin, アントニー・ルカン
長官

アントニー・ルカンは2015年3月6日付でフランス国債庁長官に任命されました。

ESSEC(経済商科大学院大学) 、パリ政治学院、ENA(国立行政学院 )卒業後1988年財務省国庫総局に入省、国際部、政府資本参加庁で勤務。IMFフランス任命補佐官、世界銀行フランス任命理事補欠として出向(2002年〜2005年)。国庫総局に戻り、2006年から2009年まで保険市場商品室長、その後2012年までフランス国債庁副長官 、次いで企業金融・金融市場課長を歴任。2013年6月に多国間関係・開発課長に就任し、職権でパリクラブ共同議長も務めた。

 

Antoine Deruennes.png

Antoine Deruennes, アントワーヌ・ドリュエンヌ
副長官

アントワーヌ・ドリュエンヌは2016年4月19日付でフランス国債庁副長官に任命されました。

エコール・ポリテクニク(1999年)、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(2001年)、ENSAE(国立統計経済行政学院)卒業。財務相国庫総局に入省、経済予測局内諸部署で補佐官を務めた(2001年〜2005年)後、欧州連合経済財務総局のユーロ圏・EU公共財政ユニットへ出向(2005年〜2008年)。国庫総局に復帰し、公共財政総括室長、フランス経済診断予測室長を歴任し、20012年から公共財政次長に就任し、この間特に、年次財政法・多年次財政計画法・安定プログラム策定において財政予測を担当した。