2019年2月27日:2018年度の最も活発なSVTの順位を発表

2018年度の最も活発なSVT(プライマリーディーラー)のリスト

フランス国債庁は1999年以来、年度毎に最も活発なSVTのリストを公表しています。評価にあたってはSVTの任務全体、すなわち公募入札への参加、流通市場での取引、SVTとフランス国債庁との関係の質的側面(取引とアドバイスの質、国債庁との関係の密接さと安定性)を考慮に入れます。

2018年度に認定されているSVT15機関それぞれに100ポイントを割当て、公募入札への参加(40ポイント)、流通市場における業務(30ポイント)、質的側面(30ポイント)について評価します。

この基準に基づき、総合評価でのトップ10は以下の機関でした。

  • 1. BNP Paribas
  • 2. HSBC
  • 3 (tie). Crédit Agricole and Société Générale
  • 5. JP Morgan  
  • 6. Barclays 
  • 7. Citigroup
  • 8. NatWest Markets
  • 9. Goldman Sachs
  • 10. Natixis

発行市場・流通市場への参加とサービスの質

発行市場
国債発行・買入消却の入札への参加では、トップ10は以下の機関でした。

  • 1. BNP Paribas
  • 2. HSBC 
  • 3. Crédit Agricole
  • 4. Société Générale 
  • 5. JP Morgan
  • 6. NatWest Markets
  • 7. Citigroup
  • 8. Barclays
  • 9. Goldman Sachs
  • 10. Natixis

 

流通市場
流通市場活性化のトップ10は以下の機関でした。

  • 1. JP Morgan
  • 2. BNP Paribas
  • 3. Société Générale
  • 4.HSBC 
  • 5. Crédit Agricole
  • 6. Barclays
  • 7. Citigroup
  • 8. NatWest Markets
  • 9. Nomura
  • 10. Goldman Sachs

サービスの質のトップ10は以下の機関でした。

  • 1. Société Générale
  • 2. BNP Paribas
  • 3. Crédit Agricole
  • 4. HSBC
  • 5 (tie). Natixis and Barclays
  • 7. Goldman Sachs
  • 8. JP Morgan
  • 9. Deutsche Bank
  • 10. Citigroup