OAT€iの概要

OAT€i の特徴は、Eurostatにより毎月公表されるユーロ圏の調和化物価指数 (HCPI)(たばこを除く)が基準指標となること以外は、OATiと同じです。

政府は1998年9月15日フランスの物価指数に連動する国債(OATi)を初めて発行しました。さらに2001年10月にはユーロ圏の調和化物価指数(HCPI)に連動する国債(OAT€i)を初めて発行しました。

以来フランス国債庁は物価指数連動債を定期的に透明性を確保して発行して、フランスの物価指数に連動する国債と欧州物価指数に連動する国債の2つの利回り曲線を構築するとの約束を実行してきました。そのため毎年国債庁は発行プログラムのおよそ10%、需要が高い時にはそれ以上をこの種の国債に当てます(2010年10.8%、2011年10.9%、2012年9.6%、2013年9.9%、2014年10.2%、2015年9.5%、2016年9.6%)。

2004年以来OATi とOAT€iの発行は定期的に OAT中期債発行日に、これだけ別に11時50分に公募入札が実施されます。2016年度からは、8月と12月にも国債発行が実施されるときには、物価指数連動債発行も可能となり、その場合は第一木曜日11時50分です。OATiとOAT€iは、投資をインフレから保護し、負債をより良くカバーし、ポートフォリオの多様化を図るあらゆるタイプの投資家を対象とします。即ち居住者・非居住者を問わず、保険会社・年金金庫・保障性保険金庫・アセットマネージャー、銀行等の機関投資家をも個人投資家をも対象とします。

OAT€i の特徴

額面は1€、クーポン表面利率は発行時に元本(物価指数に連動)に対するパーセンテージで決定し、債券の存続期間中この数値は変動しません。クーポンは年一回利払い、後決め型で以下の式で計算します:クーポン表面利率×額面×連動係数。連動係数とは始点基準値に対するd日の物価指数基準値です。毎日の物価指数基準値は(m−3)月と(m−2)月の物価指数値を基に一次補間法で計算します。始点基準値は物価指数変動計算の基になる日の物価指数基準値です。基準指標はEUROSTAT が毎月公表する調和化消費者物価指数 (HCPI)(たばこを除く)です。

毎日の物価指数基準値と連動係数は、フランス国債庁が計算し、同庁のホームページで公表しています。

OATの満期償還額は次の計算式で算定します:額面×連動係数。満期日の物価指数基準値が始点基準値を下回る場合は、額面償還が保証されます。